Keihan 京阪百貨店

守口店
くずはモール店
ひらかた店
モール京橋店
すみのどう店
  • Life Style KEIHAN
  • 今週のチラシ情報
  • 京阪友の会
  • 公式フェイスブック
  • おもP
  • 公式インスタグラム
  • お得で便利なe-kenetカード
  • 京阪百貨店 商品券ギフトカード

Keihan 京阪百貨店

August 01 2020
「枚方ではめっちゃレアです」京阪百貨店の敏腕バイヤーが掘り起こした北海道の利尻島グルメとは
\ザバーンッ/

海
北海道は利尻島から海の幸をお届け!

EC-利尻-1
利尻産の高級品ウニや、アワビなどの贅沢な食材が・・・

20200717京阪百貨店(小)-16
買えへんのかい!


20200717京阪百貨店(小)-29
京阪百貨店の会議室で、ビーバー@ひらつーが見たものとは!?


さかのぼること数日前・・・。

20200722京阪百貨店(小)-3
(左から夫を演じるビーバーと妻を演じるばばっち
とある夫婦が頭を抱えていた・・・。

12334027892562
(こうなるはず予定だった2人)

もうすぐ結婚記念日を控えているこちらの夫妻は、毎年2人で旅行にでかけては、各地のご馳走とともにお祝いをするのがお決まりだった。

しかし、旅行も行きにくいこのご時世。

20200722京阪百貨店(小)-4
(ビーバー)
「せめて、レストランでちょっとええモノを…」

夫は正装してお出かけしようと妻を誘い出したが、彼女はこう答えた
20200722京阪百貨店(小)-5
妻(ばばっち)
「私たちの特別な日のディナーやし、その土地でしか食べられんようなレア感があって、今が旬な食材で、贅沢しすぎないぐらいの予算で、もちろん味は美味しく安心して食べられる物が食べたいねんけど」
ビーバー
「めっちゃ要望多いやん」

そして彼は思い立ち、
20200717京阪百貨店(小)-38
(ビーバー)
「美味しいモノのことは、彼に聞くしかないやろ」

ある人たちの助けを求めるべく、京阪百貨店まで足を伸ばしていた。

枚方では買えません

\コンコンッ/

20200717京阪百貨店(小)-32
ビーバー
「失礼します」
高岡さん
「あっ、ビーバーさん」
風呂谷さん
「いつも私服やのに、スーツ姿でどうしたんですか」

ビーバーを向かえてくれたのはこちらの2人、
20200717京阪百貨店(小)-37
(左から京阪百貨店 高岡さん、風呂谷さん)

★今回の登場人物
高岡さん
営業政策部 高岡さん
今回ひらつーに初めて登場する、京阪百貨店の広報担当さん。
そのキャラクターはまだ未知数。メガネがおしゃれ。

風呂谷さん
催事部 風呂谷さん
グルメと言えばこの人!京阪百貨店の敏腕バイヤーさん。
美味しいものを求め、常に全国各地を飛び回っている。


ちなみに今回記事に登場する風呂谷さんは、
スクリーンショット 2020-07-23 17.08.12
過去のひらつー記事
ひらつーの記事でも度々登場していて、全国各地の美味しいグルメについて毎回アツく語ってくれています。

20200717京阪百貨店(小)-19
ビーバー
「実はカクカクシカジカで、旅先でしか味わえない食材をどうにか家で食べることができないかと思いまして…」
高岡さん
「なるほど、でしたら産直百貨しかないですね」
風呂谷さん
産直百貨で、枚方で買えないモノが枚方で買えることができます」
ビーバー
「サ、サンチョクヒャッカ・・・?」

産直百貨とは。


本日8月1日から始まった、京阪百貨店オンラインショッピング内に開設された特設サイトのこと。
バイヤーが直接現地に足を運び、通常の流通では手に入れられない全国各地の食材やライフスタイルグッズを集めることをコンセプトにしています。

スクリーンショット 2020-07-31 17.13.45
産直百貨
商品紹介ページ
(各商品ページには産地や生産者についての紹介も)


自宅にいながらも、非日常を楽しめるような品物が気軽に手に入れられる、それが京阪百貨店の産直百貨。

高岡さん
「うちのバイヤーが全国各地から掘り起こした希少な食材を、お家にいながら購入できるというものです」

20200717京阪百貨店(小)-30
(産直百貨の資料に食いつくビーバー)
ビーバー
「!?」
高岡さん
「ビーバーさん、密になってます」
ビーバー
「あっ、スミマセン。つい興奮して」

20200717京阪百貨店(小)-25
高岡さん
「産直百貨では、商品ごとの産地や生産者さんのこだわりを紹介した専用ページが設けられているのも魅力の1つです」
風呂谷さん
「もちろん、いつもの物産展同様めちゃくちゃこだわってます。
旬にこだわった希少な物ばかりで、産直百貨だけの限定販売になります」

20200717京阪百貨店(小)-26
ビーバー
「店頭では買えないんですか!」(ガタッ)
高岡さん
「ビーバーさん、まずは座りましょうか(笑)
産直百貨限定、つまり店頭販売はしないんです。お家にいながらも全国の美味しいものを楽しんでいただけるので、特別な日の食卓やギフトとしての利用にもオススメです」
ビーバー
「今まさに求めていたやつ!」
高岡さん
「産直百貨スタート第1弾としてご用意させてもらったのが、こちらの2種類です」

▶北海道 利尻島の『海の幸セット』


▶マンゴー×バナナ?の『幻のフルーツ ポポー』

※ポポーについての紹介はひらつーでも近日公開予定!
ビーバー
「え、2種類だけなんですか?」

20200717京阪百貨店(小)-13
風呂谷さん
「ビーバーさん、あえての2種類です。
僕ともう1人のバイヤーそれぞれが、今1番オススメしたい物を1個ずつ絞りました」
ビーバー
「バイヤーが今1番オススメしたい物・・・(ごくり)」
風呂谷さん
「そして商品は数に限りがあり、追加販売はなしです。
その代わり、これから季節ごとにバイヤーのイチオシ商品がどんどん登場します。

よかったら僕が厳選した『海の幸セット』について、聞いていきませんか?」
ビーバー
「ぜひ聞かせて下さい!」

島の人でもあんまり食べられへんやつ。


ビーバー
「利尻島(→観光サイト)って北海道のてっぺん辺りにある離島ですよね。なんでまた?」

ちず
(場所を思い浮かべるビーバー)
風呂谷さん
「そうです!稚内の隣らへんです。
利尻島には隠れた名産があると聞いていて、2年前ぐらいから情報収集してたんです」

利尻島1
(島の中央にある利尻山。山を囲んだ海岸線で島人が生活されています)

「1年間で漁が盛んなのが6月〜9月なので、そこを狙って行ってきました。それに収穫が盛んな時期にいくと、良い物との出会いもありますんで」
ビーバー
「風呂谷さん行くたびにラッキーが起こりますもんね!過去の記事参照
利尻島って行くだけでも大変そう・・・」

昆布
(こちらは風呂谷さんが早朝に撮影した、昆布の様子。利尻島はウニと昆布で有名なんです)
風呂谷さん
「めっちゃ大変ですよ!しかも島の人、寝るのめっちゃ早いんです(笑)
朝出発して16時に到着して、そっから現地の人と1時間ほど話してたら『もう寝るから明日またおいで』って言われました」
ビーバー
「早いって何時ぐらいなんですか?」
風呂谷さん
「今の時期は19時ぐらいです。
その時刻になると島にメロディが流れるんですけど、旅館の人に聞いたら就寝を知らせるメロディらしいんです」
ビーバー
「就寝のメロディ!!」

〜 産直百貨:海の幸セット内容 〜

EC-利尻-2
【限定30点】北海道利尻島 海の幸セット 1箱 10,800円税込(送料込み)
冷凍うに 80g×1個・冷凍アワビ ×2個
開きほっけ×1枚・開きにしん×1枚
塩わかめ×1袋

購入ページはこちら


風呂谷さん
「そしてこちらが、今回利尻島で見つけてきた内容で30セット限定販売です。
全国的にも有名な『利尻うに』をメインにした内容です」
ビーバー
「30セット限定!」
風呂谷さん
「めちゃくちゃ気合い入れて行ってきたんですけど、30セットが限界でした」

20200717京阪百貨店(小)-23
ビーバー
「ウニが有名って言っても、あんまり数がないんですか?」
風呂谷さん
「今、全然とれないんですよ。
利尻産のウニはブランド物ってこともあって、希少価値がめっちゃ高いんです。

流通自体はしてても東京の築地とか飲食店さんぐらいで、一般のお客さんはほとんど買えないですね」
ビーバー
「え!でも、さすがに島では買えますよね?」
風呂谷さん
「島の売店にもないんです。
国産のウニ自体がほとんど収穫できないですし、他の通販サイトでもあんまり見かけることはないと思います」


20200717京阪百貨店(小)-12
ビーバー
「現地に行っても食べられへんねんや…。でもそれをどうやって?」
風呂谷さん
「タイミングがよかったんやと思います。
ちょうどウニが獲れてる時に現地に行けて『30ぐらいやったら確保できるで』って言ってもらえました」
高岡さん
「ラッキーボーイ発揮!」
風呂谷さん
「その時に見せてもらった物がこちらなんですが…」

うに
風呂谷さん
上の色の濃いほうが今回販売するバフンウニで、下がムラサキウニです。

バフンウニの味は、濃厚で磯の香りが特徴なんですが希少価値的にはこちらの方が高いということだったんですが、そちらをなんとか分けてもらいました」
ビーバー
「よくわけてもらえましたね。いつも通り事前にアポは・・・」
風呂谷さん
「とりあえず現地に行ってみるスタイルです」
ビーバー
「やっぱり(笑)」

20200717京阪百貨店(小)-33
風呂谷さん
「直接会わないと、こちらの熱量も伝わらないんです。

いろいろお話させてもらう中で『僕は利尻島が好きで、利尻の美味しいものを大阪の人に提供したいんです』って想いをお伝えして」
高岡さん
「情熱ですね。パッションボーイやわ!」
風呂谷さん
「そしたら、実は商品化してないものがあるって言ってこのウニを紹介してくれたんです。
なので、こちらは今回初めて商品として世に出ることになります」
ビーバー
「すげぇ〜〜〜!!」

海
(利尻島の海岸。こちらの写真も風呂谷さんが撮影したもの)

ビーバー
「やっぱり普通のウニとは違んですか?」
風呂谷さん
「ぜんっぜん違います!
僕も現地で食べてさせてもらって、めちゃくちゃビックリしました。ウニが好きな人はこれだけでも買う価値は十分にあります
高岡さん
「めっちゃ食べたくなってきたぁ」
ビーバー
「食べるならやっぱ生ですか?」

20200717京阪百貨店(小)-35
風呂谷さん
「生もいいですが、僕は海苔で巻いて食べるのが好きですね。
ちなみに海苔もちょっとええもん使ってもらうと、磯の香りが重なってまた抜群やと思いますね。もちろん日本酒は外せません」
高岡さん
「美味しそうー!ごはんにドンッって豪快にのせて食べるのも良さそうですね〜」
ビーバー
「想像しただけでヨダレが…」

むき出しなパッケージの理由。


あわび
(こちらは海の幸セットに入っている利尻産のアワビ2個)
風呂谷さん
「こちらは現地の方、お墨付きのアワビです。
コリコリと弾力があるアワビを、バターでちょっと炒めると美味しいと思います」
ビーバー
「絶対おいしいやつ」

20200717京阪百貨店(小)-17
風呂谷さん
「実はこのアワビも商品として売ってなかったんですよ!

僕自身、利尻島はウニと昆布のイメージが強かったんですけど、セットにするならアワビがいいよってオススメしてもらったんです」
ビーバー
「風呂谷マジック!!
だから、パッケージもシンプルな状態なんですね」
風呂谷さん
「そうなんですよ。形式張るより、こっちの方がいいと思いまして」
ビーバー
「絶対その方がテンションあがります!」

脂ノッてます。


干物
(続いて、海の幸セットの干物ほっけ・にしん)
ビーバー
「さすがにこれは、ここらのスーパーでも買えるでしょう?」
風呂谷さん
「なに言うてはるんですか!(笑)島でしか買えない商品です」
ビーバー
「スミマセンでした!」
風呂谷さん
「こちらは漁港組合の横に売店があるんですけど、そこだけで販売している商品です。基本は島で消費することが多いみたいです」

20200717京阪百貨店(小)-24
風呂谷さん
「この『ほっけ』と『にしん』、ここらへんで食べるやつとは全然ちゃいますよ」
ビーバー
「どう違うんですか?」
風呂谷さん
「違いは脂のノリですね。

普段食べるやつはパサパサってしてて、これは干してる時間が長いことで身の水分が飛んでしまってることに原因があるんですが、利尻のやつはそれが全く感じなくて」
ビーバー
「これを食べたら、近所のスーパーで買えんくなりそう…」

わかめ
(海の幸セットの塩わかめ)
風呂谷さん
「こちらは島の特産品のわかめです。
こちらはサラダにしてさっぱり食べてもらうのがオススメです」
ビーバー
「これももしや!」
風呂谷さん
「島の人がほとんど消費するものなので、他所ではあまり出回ってないです」
ビーバー
「わかめも!!」
風呂谷さん
「利尻でわかめってイメージがないことから、流通量が少ないんです。
今回は塩わかめなのですが、島の人は獲れたわかめを佃煮とかにしたりするらしいですよ」

枚方にいながら全国の魅力を。


景色
(ちなみに、記事で登場する景色写真はすべて風呂谷さん撮影です)
ビーバー
「海の幸セット…。利尻島の魅力が詰まったセットじゃないですか!」
風呂谷さん
「ありがとうございます!
ビーバーさんのように、特別な日の食卓にピッタリやと思います」


高岡さん
「産直百貨を通じて、現地でしか味わえない、旬のものをぜひ楽しんでいただけたら!」
風呂谷さん
「商品の魅力はもちろん、生産地の魅力を発信していきます!
これから季節ごとにイチオシ商品をお届けしていくので、楽しみにしてくださいね!」
ビーバー
「枚方にいながら、全国各地の魅力を感じられるっていいですね〜!早速家に帰って妻に報告します!」



ここで今回ご紹介した『産直百貨の海の幸セット』の内容をおさらい!

〜 産直百貨:海の幸セット内容 〜

EC-利尻-2
【限定30点】北海道利尻島 海の幸セット 1箱 10,800円税込(送料込み)
冷凍うに 80g×1個・冷凍アワビ ×2個
開きほっけ×1枚・開きにしん×1枚
塩わかめ×1袋

購入ページはこちら


20200722京阪百貨店(小)-6

\結婚記念日はこれにしました/

いかがでしたか?
本日8月1日からスタートする、京阪百貨店の産直百貨。

結婚記念日やお祝い事の特別な日やギフトはもちろん、いつものおウチをちょっと贅沢なものにしてくれる商品が用意されているので、みなさんもこの機会にぜひご活用くださいね!

■関連リンク


この記事を書いた人
記事に関連する京阪百貨店
  • 守口店
  • くずはモール店
  • ひらかた店
  • モール京橋店
  • すみのどう店