Keihan 京阪百貨店

守口店
  • 営業時間:
    地階~2階、7階書籍・ビューティ 10:00~20:00
    3階~6階 10:00~19:00
    7階レストラン街 11:00~22:00
    8階大催事場・7階京阪ギャラリー 催事により異なります。
  • 定休日:1月1日元日
くずはモール店
ひらかた店
モール京橋店
すみのどう店
  • Life Style KEIHAN
  • 今週のチラシ情報
  • 京阪友の会
  • 公式フェイスブック
  • おもP
  • 公式インスタグラム
  • お得で便利なe-kenetカード
  • 京阪百貨店 商品券ギフトカード
  • ラインはじめました。食品のおトクな情報をゲット。
  • ナナイロフルールの情報を現場から
  • ナナイロフルールの情報を現場から。
  • トラディショナルスタンダードの情報を現場から。
  • トラディショナルスタンダードの情報を現場から。

Keihan 京阪百貨店

EVENT

食育推進活動 3月

DATE:2018.02.14 -Wed-
記事担当者神田 聖子
記事担当者神田 聖子

3月3日は桃の節句

五節句の1つ。
上巳(じょうし)の節句と呼ばれ、平安時代の頃から3月3日に魔よけの効果があると考えられた桃の花を浮かべた桃花酒を飲む習わしがありました。

江戸時代からひな段を飾り、白酒を飲む「ひなまつり」が定着してきたようです。

また、諸説ありますが、菱餅の白・緑・紅の3色「雪解け」「芽吹き」「開花」の春の訪れを表しているという説が有力です。

◇ひなちらし◇

「かわいらしさ」「春の香り」が 古来から二つのポイントになってきました。
「かわいらしさ」の演出は「ひな」にちなんだ小づくりの品々や、きれいなちらし寿司で、「春の香り」は この頃が旬の具や野菜などであらわされています。

◇蛤(はまぐり)◇

昔から二枚貝は「姫様」(女子)を意味しており、貝類がこの時期に一番美味しくなると同時に、「はまぐり」は二枚の貝がぴったりと合うからです。
貝を一枚ずつ外すと他のはまぐりと合わさら
ないのです。

この事からはまぐりは「夫婦和合」の象徴とされ、結婚式にも縁起物として出されたり、昔は嫁入り道具として使われており、1年分のはまぐりを入れた「貝桶」を真っ先に新郎の家に運び込んで、通年の夫婦和合を祈ったと言われています。
このような事から「ひなまつり」にはまぐりを食べる習慣ができたと考えられます。

記事に関連する京阪百貨店
  • 守口店
  • くずはモール店
  • ひらかた店
  • モール京橋店
  • すみのどう店